モバイルフレンドリー

スマホ対応ラベルの表示

Googleは、モバイルユーザーに快適なWebサイトを提供するために、モバイル対応か否かを判断する「モバイルフレンドリー」という評価基準を定め、2015年4月21日に導入しました。そして、これらの条件を満たしたページには「スマホ対応」のラベルが検索結果の中に表示されるようになりました。

その背景には、何度も繰り返していますが、モバイルからのアクセス数が世界中で増加しているという実情があります。加えて、モバイルフレンドリーなWebサイトは、再訪問率を高めることにも寄与する可能性も高いため、「Googleが推奨するから」という理由だけではなく、ユーザー目線で使い勝手をよくし、自サイトへのコンパージ、ヨン率を高めることが重要となる。

しかし、モバイルフレンドリーでないWebサイトでは、スムーズとは言い難い導線による使い勝手の悪さが、離脱する要因のlつにもなってしまいます。