モバイルフレンドリーの要件

Googleの要件を確認する

ここでは具体的に、モバイルフレンドリーを満たすための項目を、Googleの「ウェブマスター向け公式ブログ」やSearchConsoleヘルプの中から引用していきます。この内容は、モパイルフレンドリーページだと認識させるための、Googleが推奨する制作における注意点です。

①Flashなどのモバイルで一般的でないソフトウェアを使用していない。

ほとんどのモバイル用ブラウザでは、Flashを表示することができません。そのため、コンテンツやアニメーションなどを表示するためにFlashに依存するページについては、採用者見送るよう検討する必要があります。Flashの類似、または代替可能な方法を採用のうえ、制作することをおすすめします。

②ズームしなくても判読できるテキストを使用する。

フォントサイズが小さすぎて読みにくい場合、モバイルユーザーがピンチ操作(拡大)をして文字を確認するという、余計な手聞が発生してしまいます。また、一部分のみを拡大してしまうと、今度はその周辺を見ることができなくなります。そのため、Webページ内部に、後述するビューポートを指定し、フォントサイズを適切な大きさに指定していく必要があります。

③コンテンツサイズが画面サイズと一致している。

ユーザーは横スクロールすることにあまり慣れていません。加えて、前述のように、ズームなどの煩雑な手間も避けることなく閲覧できるよう配慮すべきです。具体的には以下のようにします。

④タップしやすいようリンク聞が十分に離れた状態で配置

ボタンやリンクなどのタップ要素同士がが近すぎると、モパイルユーザーが隣接する要素を誤ってタップしてしまう恐れがあります。このような場合は、修正を行うことをおすすめします。リンクそのものの大きさやリンク間のスペースに配慮し、実際に使用するうえで支障をきたすことなくタップできるようにすることが必要です。

ラベルはあくまでモバイル対応の第一歩

なお、上記規定を満たすことで、「スマホ対応ラベルが適用される可能性があります」との見解を示しています。

加えて、「このラベルを、モバイルユーザーにさらに優れたモパイルウェブエクスペリエンスを提供するための第一歩と考えています」との記載もあることから、ラベルが貼られているだけの段階では、モバイルフレンドリーの入口または最低条件だという認識で取り組む必要があるのです。決して十分な条件ではないという認識のもと、目視などで制推していかなければいけません。