モバイル環境のフォントサイズ

モバイルは画面は小さいので、ユーザービリティにもデザインにも大きな影響があるのが、フォントサイズです。ユーザー目線で考えたときに、拡大しなければ読めないほどの小さな文字であった場合、とても使い勝手の悪いものになってしまいます。読むためにひと手間かかることに加え、拡大することで周辺が画面からはみ出てしまうため、とても読みづらいのです。

また、一部分を拡大することにより、Webサイトの全体を把握できなくなります。これはモバイルのみならず、PCでもいえることですが、デザイン性にこだわるあまり文字を小さくしすぎるようなことは、そもそもユーザーを意識しておらず、自分勝手な論理に過ぎません。

さらに、ここで再度強く伝えたいのは、「ユーザビリティもSEOの一環である」ということです。そもそもSEOにおけるアルゴリズムは、閲覧ユーザーの身になって、情報や使い勝手の面など、あらゆる面で総合的に最もふさわしいサイトが上位表示されることを理想としています。そのため、あまりにもフォントサイズを小さくしてしまうと、ユーザピリティを損ねていると、順位を落とす要因にもなってしまいます。