ユーザーが閲覧する端末

ユーザーは、モバイルで見たWebサイトを、別のときにPCから閲覧することもあり、その逆も考えられます。まったく異なるデザインや構造になっていると、他の端末で閲覧した際に探しているページが見つかりにくくなってしまいます。

レスポンシブWebデザインなら、ほぼ問題はないのですが、動的配信や別々のURLで作成したサイトについては、少なからず異なる部分が生じます。これはやむを得ませんが、それでも利用者の身になって検討し、できる限り同じ仕様にしなければいけません。

デザインを統一する

色使いや使用する画像、またその配置など、どのデバイスから閲覧しでも、なるべく同じデザインにするよう心掛けましょう。

構造を統一する

モバイルでもPCでも、導線がほとんど同じになっていることが重要です。複数の端末を所有している人が、どちらでもきちんと構造を理解できるよう、ページ聞のリンク関係についても、同じになるよう調整していくことが求められます。

レスポンシフ、、Webデザイン以外の手法をとる場合は、これらのことにくれぐれも注意してください。