ヘッターエリアのレイアウト

【ロゴの配置】
ここで言う口ゴとは、企業口ゴや店舗のロゴ、ブランドのロゴのことです。
口ゴをヘッダーエリアに配置するのは、定番とも言えるレイアウトになります。
こういった定番手法は、目新しさや個性を表現することが難しいので、違うエリアでの配置を試したくなりますが、一般的に浸透しているヘッダーエリアに置くほうが、確実に目に留まります。

【ヘッダーサマリーの配置と内容】
ヘッダーにテキストで20文字程度の文章を配置する目的は、ページを開くとすぐに「何のページなのか?」を伝えることができるからです。
また、ソース文の冒頭段階でテキス卜を読み込ませることができると、そのテキス卜が重要だという意図を伝えることができるので、SEO対策の面からも微弱なか‘らも効果があると考えられます。
Webサイト最上部の右上または、左上など口ゴと反対方向に配置することの多いサマリー。
文字数は20文字前後ですが、キーワードを置きやすいため、ワイヤーフレームの段階から、あらかじめ配置する場所を考えておくのがよいでしょう。
トップページの場合は、素直にメインキーワード + Webサイト名や会社名、店舗名などを娼載し、2階層目や3階層自のぺージではサブキーワード。
つまり、そのページのキーワードを入れるのがよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です