単純作業は意外と生き残る

AIが普及しても、単純作業は生き残ると考える人は少なくありません。彼らは専門家の方がリスクを抱えるとすら言ってのけます。その見立てには根拠があります。経営コンサルタントがひしめくコンサルティングファームを例にご説明しましょう。クライアントから依頼された案件をチームで解決しようとするには、リーダーのコンサルタントの指示で末端のコンサルタントやアナリストが情報を収集し、それらを分析した上で結果をリーダーに報告します。リーダーはその結果を基に結論を出し、それをクライアントにアドバイスします。この一連の動きの中で最も頭を使うのは、戦略を練るリーダー役のコンサルタントです。末端のコンサルタントは彼の手足となって動き回る役割であり、言わば単純作業従事者に当たります。ここで最新のAIが誰の代わりとなり得るのかを想像して下さい。言うまでもありません、リーダー役のコンサルタントです。末端のコンサルタントの情報収集は現場の生の声をかき集めたりする行為も含むため、単なる機械であるAIにはできない仕事なのです。もちろんこの種の情報はネット上にも存在しません。このコンサルティングファームの例からも分かるように、頭を使う仕事は足を使う仕事よりもAIに置き換えやすく、具体的にはディープラーニングが取って代わります。ディープラーニングはリーダー役のコンサルタントのように戦略を練る仕事を任され、様々な課題の解決法を鮮やかに提示してくれるはずです。例えば日本で売れていない商品をどの国で展開すれば競争力を維持できるのか、どのような販売経路を使えば成長できるのかといった課題は、AIが統計学を駆使して簡単に解いてしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です