articleとsection要素の違い

articleは「独立して意味が取れる」

「article」と「section」、この2つの要素は使い方をきちんと区別すべきです。これらは似ているようで、実は意味合いが大きく異なっています。多くのWebサイトを診断していく中で、明確な差もなく、何となく使用している人が非常に多いように思っています。

どちらもコンテンツのエリアを表していますが、そのエリア部分を切り取って抽出した際に、独立して成り立つような内容であるなら、articleを使用します。これは、新聞紙面の枠を想像すると理解しやすいかもしれません。新聞紙面は、l枚の紙の中に、枠に区切られたさまざまな記事があり、その記事に関する内容の枠がきちんと区分けされています。そのため、隣接している記事を外してそこだけ切り取ったとしても、その内容をつかむことができます。

sectionは「全体のひと区切り」

sectionは節を意味するので、全体の中のひと区切りにはなりますが、そこだ、け抽出したとしてもコンテンツ全体としての意味や意図が伝わりづらい類のものとなります。先ほどの新聞の例だと、ある記事を段落で切り取ったようなイメージです。つまり、断片的であるので、全体を理解することは不可能です。

このように、「全体を網羅しているものなのか、それとも一部分であるのか」を考えて、使い分けを行ってください。